洗顔の基本は泡洗顔

洗顔の仕方について、知っていても実行するのが面倒だったり、知らなかったりすることもあると思います。
洗顔の基本ですが、まずは手をきれいにすることからはじめましょう。手を軽く水で洗い流してすぐに洗顔に取りかかってしまうのはおすすめできません。手を洗うといっても、きれいに汚れを取るという意味です。手というのは案外汚れていて、油分なども付着していますから、その手で洗顔することによりせっかくの洗顔の効果も半減してしまうかもしれません。
 手をきれいに洗ったら、手をこすり合わせて泡を作るのですが、ここでのポイントはできたら泡立てネットなどを使うことです。使ってみたことがある人なら分かりますが、泡立てネットのあるなしでかなり泡の立ち方は違いますし、キメ細かい泡を作ることが可能です。泡ができたら、泡で肌を包み込むように洗顔することがポイントです。顔に摩擦を生じさせないようにしましょう。泡で汚れを落とす気持ちで洗顔するようにしましょう。顔に付いている泡を水で丁寧に洗い流したら、タオルで優しく水分をふき取ることがポイントです。タオルで顔を擦らないようにしましょう。正しい洗顔を続けることで美肌に一日でも早く近づけますので、習慣にしていくことが大切です。

Copyright© 2010 どろあわわで美肌ゲットこれ常識! All Rights Reserved.